こんにちは。

戦術面はまたそのうち書いていくとして、そろそろ技術的な内容も書いていきます。

第1回はオーバーハンドパスについてです。

1.オーバーとは

オーバーとは、オーバーハンドパスのことを指します。ボールタッチの2回目に、セッターがスパイカーに向けてオーバーすることをトスといいますね。緩いボールを扱うときは、アンダーよりもオーバーの方が良いです。苦手な人も多いと思いますが、ボールを包み込んで押し出しますのでコントロールしやすいです。

2.構え

○重心は低く・かかとを上げる・足の親指に力を入れる

この姿勢は、バレーボールだけでなく、多くのスポーツの基本の構えです。テニスのサーブを受ける選手の構え・野球の守備の構え・サッカーのキーパーの構え…。すぐに動き出せるような姿勢をとることが、重要です。

○手は組まずに左右に広げておく

バレーボールは、来るボールによってオーバーかアンダーでプレイします。このため、どちらでもいいような姿勢をとっていないといけません。上にきたらオーバー、下にきたらアンダー、右にきたら左手を動かしてアンダー、左にきたら右手を動かしてアンダーでタッチします。前衛時はオーバーの可能性が多いので手はやや上に、後衛時はやや下に構えると良いでしょう。

○片方の足を前に出す

左右どちらの足でも良いですが、片方を前に出しておきます(一歩踏み込んだような感じ)。できればコート端側の足を前に出しておきたいですね。そうすることで体が自然にコートの中心を向きますので。

3.上げ方

 

○手はしっかり三角形に開く

手の指を開いて、両手の親指と人差し指で三角形を作りましょう。ボールを手のひらには当てず、指に力を入れて勢いを抑えます。どの指にもあたるようにしないと、上手く上がりません。このとき親指や中指が出すぎていると、突き指するので注意してください。

ボールを離すときは、バスケットのジャンプシュート(両手)をするように体全体で押し出すと良いです。高く遠くに飛ばせないときは迷わずジャンプしましょう(ボールを触る瞬間にジャンプですよ)。特に、肘はしっかりと伸ばしましょう。

逆に手首は、ある程度固くして、動かすという意識は持たない方がいいです。意識しなくても、力を入れていれば反動で勝手に動いてくれます。

○ボールから目を離さない

あごを引き、常にボールを見続けることが大切です。顔をそらしたり、目を閉じたりしないように注意しましょう。

○額の上でとらえる

思ったところに上がらなかったり高く上げられなかったりするときは、力不足ではなくボールを正しい位置でとらえていないことが多いです。額の上でとらえれば、力が上手に伝わります。手にあてなかったときに、ボールが額にあたるような位置が良いです。

○ボールの下に入る

大事なのは、ボールの下に手・頭・上半身・下半身すべてを入れることです。特に下半身を入れることを意識してください。正面でとらえないと、思ったところに上がらなかったり反則をとられたりします。

○送りたい方向を向く

ボールをとらえる前にボールの下に入り、体全体を送りたい方向に向けます。ボールを触りながら向きを変えたり中途半端な向きだったりすると、思ったようにボールが上がりません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はオーバーの基本的な動きだけ書きました。

先程も書きましたが、苦手な人も多いのがオーバーです。でも練習した分だけ上達しますし、ポジションの幅も広がります。

セッターは、バレーボールをする上で一度は経験した方が良いポジションだと思っています。そのうち、もうちょっと具体的なコツやセッターについても書きますね。

 

ちなみに、デザインドールというフリーソフトを使いました。無料でここまでできるってすごいですね。保存したデータを読み込むのは製品版を購入しないといけないのですが。