こんにちは。

今回は、前回ポジション紹介したセッターに必要なオーバーパスの練習方法について紹介していきます。

前回の記事 ポジション考察1 セッター

 

1.オーバーパスのコツ

オーバーの基本はこちらを参考にしてください。

オーバー① 基本

まずは高く飛ばせるようになりましょう。ひじだけでなくひざもタイミング良く伸ばして力を伝えましょう。最初は伸びたままジャンプすると良いです。

逆に手首は使わない方がいいです。タイミングが合わないと飛ばない原因になりますので。固くしておけば、勝手にやってくれます(笑)

足・腰をしっかりとボールの下に入れます。おでこの上でとらえないと力がうまく伝わりませんので気を付けましょう。そして、ボールを触るときには上げる方向(か反対方向)を向いていないといけません。ボールを触りながら向きを変えることがないように気を付けましょう。

2.オーバーの練習方法(1人)

ある有名な漫画の名言を。

ボールは友達です。

  • とにかくボールをたくさん触りましょう。壁なんていらないですから、直上トスをひたすらやりましょう。ボール1個買ってもらって、椅子に座ってとかベッドに寝転んでとか、暇さえあれば直上トスしましょう。
  • 直上トスしてバウンドしたボールの下に入ってまた直上トスもひざを使う練習になります。
  • 直上トスに飽きたらヘディングのリフティングを。ボールの下に入る良い練習です。
  • あとは、バスケットのゴールに向かってトスすると良いです。フリースローの距離が大体レフト平行くらいですね。高めに上げてレフトオープンの練習もしましょう。ゴール横すぐから練習すればセンターセミ、後ろ向いてバックトスの練習だってできます。自分で投げ上げたボールをオーバーすることから始め、慣れてきたらワンバウンドさせたボールをオーバーしましょう。
  • セッター練習として、体育館の端の壁を利用して向きを変えてのオーバーがお勧めです。バスケのゴールとの合わせ技も良いでしょう。

3.オーバーの練習方法(2人)

私は、パスを続けるよりも同じところに来るボールをしっかりと練習することの方が大切だと考えています。

  • ですから、おでこの上に来るボールを投げてもらって、それをオーバーする練習、やった方がいいです。これはアンダーも同じ。パスを続けるとなるとどうしてもブレてきますし、フォームが悪くなってしまいます。
  • 慣れてきたら、わざと前後左右にずらして投げてもらったり、高く上げてもらったりしたボールをオーバーする練習をしましょう。
  • そして、次に一度直上トスしてから返す(2回触るオーバー)をします。
  • 何回触っても良いから向きを変えてバックトスして返すのも練習になります。

4.オーバーの練習方法(3人以上)

  • 縦に3人並んで、真ん中の人はバックトス
  • 3人で三角形を作って、反時計回りにオーバーの練習。慣れるまでは1回ずつ投げてもらう。60度回転してオーバーすることになります。
  • 4人で四角形を作って、反時計回りにオーバーの練習。慣れるまでは1回ずつ投げてもらう。90度回転してオーバーすることになります。
  • 4人で四角形を作って、時計回りにバックトスの練習。慣れるまでは1回ずつ投げてもらう。90度回転してオーバーすることになります。
  • 3人で三角形を作って、時計回りにバックトスの練習。慣れるまでは1回ずつ投げてもらう。120度回転してオーバーすることになります。
  • 二か所に向かい合って並んで、オーバーしたら向こう側の一番後ろに並ぶ。8の字パスということもある。

まとめ

オーバーの練習メニュー、いかがでしたでしょうか。1人でできるものからチームでの練習で取り入れるものなども含めて15種類紹介しました。

2人のところにも書きましたが、ある程度の技術がつくまでは投げてもらったボールを触る練習の方が効率的です。しかしながら数を数えることも達成感につながるので、バランス良く工夫して練習していきましょう。