こんにちは。

前回までで、オーバー・アンダー・サーブについての基本的なことをまとめてきました。

オーバー① 基本

アンダー① 基本

サーブ① 基本

今回は、スパイクについての基本的なことをまとめておきます。

1.スパイクとは

スパイクは、相手のコートにボールを返すために強く打つことです。ルール上はアタックヒットといい、ネット上端よりも高いボールを打つことを指します。この、『ネット上端よりも高いボール』を打つことができるのはリベロ以外の選手で、後衛の選手はアタックラインよりも後方ジャンプしなくてはいけません。

スパイクはサーブと違い、自分以外のプレイヤーが上げたトスを打つものです。ですから、どんなトスでも打てるように練習しなければいけません。

2.助走~ジャンプ

○基本は4歩

右・左・右左の4歩、両足でジャンプします。センターでトスが低いときは左・右左の3歩(両足)、移動攻撃のときは左足でジャンプすることもあります。

○バックスイングとひざの曲げ伸ばしが大事

助走をしながら、徐々に両腕を後ろに回し、重心を低くしていきます。ジャンプするときに、一気に腕を上げ、ひざを伸ばします。立ったままジャンプするときのような感覚ですが、これをスムーズに行うことが重要です。

○真上に飛ぶ

スパイクを打つとき、目の前にネットがあるので、真上に飛ぶことが基本です。バックスイングがしっかりできていれば、自然とブレーキがかかります。

3.ミート

○まずは両手を上げる

ジャンプした後両腕を上げ、バンザイの状態から右手のひじを後ろに曲げます。

○ひじを伸ばすと同時に左手を下げる

右手のひじを伸ばすと同時に、左手を下げてひじを曲げ、胸の前にひきつけます。

○ミートの位置(左右)

右手のひじをまっすぐに伸ばし、右肩の真上でミートします。手のひらに力を入れて、手首を返すことでドライブ回転をかけます。

○ミートの位置(前後)

前後の位置は、打点の高さによって異なります。打点がネットよりも低い場合は、体のやや後ろでミートします。上に打つことでネットを越え、ドライブ回転がかかることでコート内に落ちるのです。

打点がネットよりも高い場合は、体のやや前でミートします。ドライブをかけることで、できるだけ近くに早く落とすことができます。

○コートの角を狙う

レフトからのスパイクの場合、狙うコースはインナー(超クロス)・クロス・ストレートとあるが、基本的にはクロスを狙います。打つ位置から一番遠くを狙うことで、確実にコート内に落とすようにしましょう。

○右手は体の右側を通す。

打った後の右手は、体の右側を通して振りぬきます。

途中で止めると力が伝わらなかったり、思ったところに落ちなかったりします。ただし、トスがネットに近い場合は、手首だけで打ち、ネットタッチしないように気を付けましょう。



まとめ

いかがだったでしょうか。今回はスパイクの基本的な動きについて書きました。やはりバレーボーラたるもの、スパイクが打ちたいですよね。きれいなフォームでスパイクが打てるようにしっかりと練習しましょう。