こんにちは。今回は、スパイクのコツや練習メニューを紹介します。

スパイクはきっと好きなプレイだと思いますので、自分でどんどん練習していることと思います。しかし、ただ思いっきり打っているだけでは試合で使えるスパイクにはなりません。コースを狙って、以下に強く打てるようになるかがカギです。フェイントやブロックアウトも大切な技術ですので、練習しましょう。




1.スパイクのコツ

<レフト>

何も考えずにボールの中心をたたくと、大体コートの中心に落ちます。しかしこのコースは普通ブロックのある所になりますので、点の取れるスパイクにはなりません。まずはブロックの右側に抜けるクロスのスパイクを打てるようになりましょう。クロスに打つには、ボールの左側を叩きます。そして、叩いた後の右手は体の右側を通して背中側に回します。こうすることで、まっすぐにスパイクが打てます。ストレートに打ちたい場合は、ボールの右側を打ちます。

高さが十分にある人は、体の前で打ちます。逆にネットぎりぎりの人は、体の真上かやや後ろで打ちましょう。この場合は、打つ瞬間に手首を返し、ドライブ回転をかけてコート端にボールが落ちるよう調整しましょう。

最後のジャンプを真上に飛ぶように助走の長さを調節してください。よくアタックラインよりも後ろからスタートしたがる人がいますが、それでは良いトス(ネットから30㎝程のトス)が打ちづらくなってしまいます。無理に合わせようとすると幅跳びになり、ネットタッチやパッシングになってしまうのです。バックスイングをしっかりすることで、横の動きにブレーキをかけて縦のジャンプにつなげます。

<センター>

まずはボールの左側を打ち、コートの右に落とせるようになりましょう。しっかりできるようになったら、体をひねりながらボールの右側を打ち、コート左にも落とせるように練習します。どちらかではブロックにつかまってしまいますから、必ず右隅か左隅を狙いましょう。

センターは特に、高いところでボールを打つことが求められます。ですから常にフォームを意識して、右肩の真上で肘を伸ばしてヒットできるようにしましょう。そして、打った後はスイングを止め、ネットタッチしないように気を付けましょう。手首だけで打つようなイメージでも構いません。

助走は、レフトやライトよりも少ない3歩助走(右・左・右・ジャンプ)が主流です。ブロック後に1・2歩下がり、バックスイングをしっかりすることで高く飛びます。

<ライト>

レフトとの大きな違いは、ボールが来る方向です。左から飛んできたボールをうまくくぐり、右肩の上でとらえないと、打ったボールがネットにかかってしまいます。アンテナ付近まで飛んでこないこともある(『トスが短い』と表現します)ので、助走の長さは短めにした方が良いでしょう。

基本はクロス方向のコート左隅を狙います。慣れてきたら、インナー(左のアタックライン付近)かストレートの打ちやすい方から練習しましょう。




2.スパイクの練習方法

<壁に向かって1人 or 2人>

  • 両手でボールを斜め上に投げます。サッカーのスローインの要領です。
  • 同じように投げますが、手首を曲げてドライブ回転をつけます。このボールをレシーブ練習しても良いです。
  • 次に同じように両手で、今度は斜め下にボールを投げつけます。ジャンプしても良いでしょう。
  • そして、利き手はそれと同じフォームで、片手で投げます。手のひらの向きだけ前に向けないとボールが載せられません。これが、最高地点で打てるフォームです。利き手でない方の手は、投げると同時に胸にひきつけます。野球のキャッチボールのような感じです。
  • 上の3つを交互に行って、フォームを確実なものにします。ついつい肘や肩が下がってしまいますので、気を付けて投げましょう。
  • 自分で上に投げたボールを、上で確認したフォームで打ちます。速攻以外のスパイクは自分で合わせて打つものなので、高く上げたボールに合わせて打ちましょう。
  • 慣れてきたら、打ちたい方向から少し斜めを向いて、ボールの左や右を打ってコース打ち分けの練習をします。
  • 壁に向かってボールを打ち、床→壁とバウンドして帰ってきたボールをまた打ちます。『壁打ち』といいます。続けたくなりますが、フォームが悪くなるのであれば1回1回投げて打つようにしましょう。

<2人~>

  • 右隣に立ってもらった人に真上にボールを投げてもらい、打ちます。上がったボールに対して1~2歩移動して打ちましょう。隣の人との距離は、最初は1m位が良いです。ズレますから。
  • 次に、それを助走なしのジャンプをして打ちます。慣れてきたら助走しましょう。しばらくはセッターを置かずに、ネット際でこのように打つと効率的です。

3.まとめ

久しぶりの更新となりました。いかがだったでしょうか。

スパイクの練習メニューは基本的なものだけを載せました。複数人でのコンビ練習などはそのうち付け足していく予定です。ただ、個人的な技術の向上はこのような基礎練習で身につきますから、軽視せずに定期的に行ってください。毎日のパス練習に取り入れても良いでしょう。