こんにちは。

今までの記事で4人でのサーブカットを紹介してきました。

過去の記事はこちら。

保存版! バックオーダーサーブカット隊形 4人・3人レシーブ

サーブカットの人数と配置の工夫

一口にサーブカットを4人で行うといっても、その『ねらい』はいくつかに分類されます。

今回はその『ねらい』について考えます。

※この画像はTinkercadというオンラインアプリで作らせていただきました。

1 速攻に入りやすくする

以前、スパイクはファーストテンポ・セカンドテンポ・サードテンポに分けられると言う説明をしましたね。

ファーストテンポである速攻を打つスパイカー(基本的には前衛センター)は、セッターがトスをする瞬間はすでに空中にいます。

ですから当然、サーブカットの瞬間には速攻の助走に入っていることが要求されます。

要するに、前衛のセンターをレシーブからはずして前に配置するのです。

2 サーブカットの質を向上させる

カットする人数を減らして質を向上させます。

カットの苦手な選手をサーブカット隊形から外します。

後衛にいったときにリベロと変わる選手を前に配置するわけです。

3 セッターの移動を楽にする

セッターが後衛のときは、すぐ前の選手よりも後ろから移動しなくてはいけません。

後衛左側のときの移動が一番長いですので、ここだけでもすぐ前の選手をネット際に配置して、セッターも一緒に前に出したいです。

4 サーブカットの質を向上させる その2

中央でレシーブする選手を2人程度に絞り、その選手の守備範囲を広げます。

そうすることで、良いカットが上がる確率を上げます。

上手い前衛の選手が中央でカットすることになるので、攻撃の質は下がることもあります。

5 全員が常に自分のポジションでスパイクを打てるようにする

5人でのレシーブだと、フロントオーダーでもバックオーダーでも自分のポジションで打てない選手がでます。

前衛のレフトかライトを前に配置して移動させることで、全員が自分のポジションで打てるようになります。

6 分析と優先順位

いかがでしょうか。

これらの『ねらい』は、共存させることができます。

また、ラリー毎に隊形を変化させることで『ねらい』を変えることもできます。

しかしながら、リベロが入るポジションやセッターの位置(2セッターの場合に前衛でのポジション)・フロントオーダーかバックオーダーかなどによっては、副作用が出てしまうこともあります。

具体的には、セッターの動きを楽にしたがためにサーブカットの質が落ちるということなどです。

以前の記事で紹介している、

ライト1セッター・センターにリベロ・バックオーダーの場合、

上記の『ねらい』の1・2・3を共存させた隊形が組めます。

更に一時的にどれかの『ねらい』を解除することで、4・5も組み込むことができます。

だからバックオーダーが良いのですよ。普通のチームの場合は。

(関連してこちらもどうぞ)

センター以外にリベロが入る場合は、1と2が共存できません。

その場合は1を捨てて、2・3・5の共存が望ましいでしょう。

カットしてから速攻に入れれば問題ないですし。

カットが上手なら、中央に配置し、

センターよりも上手な選手がいるなら、端でカットさせて斜めに速攻に入る練習をしましょう。

7 筆者がこだわる『ねらい』とまとめ

個人的な考えとしては、まず3は導入します。

自分セッターですし楽したいですし、後衛左のときだけは前に出たいです。

移動したセッターは、カットの瞬間には定位置(ネット際中央やや右)に止まっていることが理想ですから。

速いサーブにはとても間に合いません。

何が言いたいかというと、

セッターの前にサーブを打つ選手はリベロが入る選手

これだけは譲れないところです。

ですからどの『ねらい』を優先させるかで、フロントオーダーかバックオーダーになるかを決めていくのです。

もちろん、ご自身の考えやチームの状況を踏まえて決めていくとよいでしょう。

読んでいただきありがとうございました。