こんにちは。
今回は、3-3の攻め方守り方について書きます。

メリット・デメリット

初めに3-3システムのメリットとデメリットを。
メリットとしては、1-5・2-2-2よりも攻撃力がアップし、複雑な攻撃ができるようになる点です。レフト・センター・ライトの3か所からスパイクができ、バックアタックや速効も絡めて攻撃が面白くなります。ブロッカー3人のうち少なくとも1人は必ずブロックでき、2人でのブロックも増えます。ブロックに跳ばない前衛の選手は後ろに下がってレシーブします。
デメリットとしては、レシーブ位置が相手の攻撃によって変わってきますのでしっかり練習しないと拾えなくなってしまう点です。ブロックに跳ばない選手がどれだけレシーブの意識を持てるか、そして後衛の中央の選手がどれだけ動けるかにかかってきます。

ポジション

リベロを除くレギュラー全員がブロックを跳びます。レフト・センター2人ずつと、ライト1人とセッター1人になります。セッターはライトでブロックします。
今までの記事でもお伝えしているように、前衛時はライトアタッカー、後衛時はセッターになる選手を2人ライトに配置するのもアリです。

守り方

ラリー中の選手の配置は下の通りです。
003 3-3.png
FL:前衛レフト  BL後衛レフト  FC:前衛センター  BC後衛センター
FR:前衛ライト  BR:後衛ライト
3人のブロッカーのうち2人は相手のスパイクが打たれるところまで動いてブロックします。理想は2枚でブロックすることですが、慣れるまでは最低自分の前のブロックは必ず跳べるようにしましょう。ブロックに跳ばない選手は下がってレシーブします。前述のように、相手が攻撃してくるところによってレシーブ位置が変わりますので、相手のセッターがトスを上げてから急いで動きます。

攻め方

右の前にセッターがいることが多いです。レシーブが上がったら、ブロッカーは後ろに下がってスパイクの準備をします。ポジション通りのところからスパイクを打つことができます。セッターは2~3人のうち誰かにトスを上げ、スパイクを打ちます。

まとめ

以上、3-3システムのまとめでした。 3-3システムは、ブロックに跳ばない選手や後衛の選手の位置取りによって3-1-2やマンアップ・マンダウンなど様々な形態があります。これらはブロックとの連携が大事になってきますので、チームの技術を見極めて利用していきましょう。