こんにちは。
今回は、ラリーが始まるときの位置関係、ローテーションについて書いていきます。
サッカーや野球・バスケットボールでは選手の位置についての『ルール』は特にありませんが、バレーボールではローテーションというルールがあります。これは、サーバー以外のチームの選手の位置関係についてのルールです。下のようなルールがあります。

どんなルール?

1.6人のうち、3人が前衛、3人が後衛
2.相手がサーブを打ったラリーでこちらが得点すると、時計回りに1つ回る
3.こちらがサーブを打つときは、後衛の一番右側がサーバー
4.サーバーがサーブを打つ瞬間、
前衛後衛同志で左側・中央・右側の位置関係、
右中左同士で前後の位置関係
がないといけない

図を使って説明

 

図を使って説明しますと、

こんな風に、コートの中に選手を配置します。この図の場合、②・③・④の選手が前衛、①・⑤・⑥の選手が後衛です。私は便宜上、この形に並ぶことを『6角形になる』と言っています。
かなりざっくり説明すると、前衛の選手はスパイクとブロックができます。後衛の選手はできません。
こちらがサーブを打つときは①の選手が打ちます。
相手がサーブを打ったラリーでこちらが得点すると、時計回りに1つ回って、下の図のようになります。

前衛が③・④・⑤、後衛が①・②・⑥で、②がサーブを打ちます。
さて、図を戻します。赤い○が前衛、青い○が後衛です。

この図のときのローテーションで、サーブが打たれる瞬間、下のような制約があります。
・左から、④・③・②の順で並んでいないといけない
・左から、⑤・⑥・①の順で並んでいないといけない
・⑤は④より前にいてはいけない
・⑥は③より前にいてはいけない
・①は②より前にいてはいけない

ですから、下の図の場合はルール通りなのでOKです。

 

よくある勘違い

 

後衛はどの前衛よりも後ろじゃなきゃいけないとかいう人がいますが間違いです。例えば先程の図の場合、①と④の位置関係の縛りはありません。
下の図の場合はどれも反則となります。

どこが反則だかわかりますか?
左の図
⑤が④より前にいる
中央の図
③が②より右にいる
右の図
②が①より後ろにいる
主にローテーションの反則になるのは後衛のセッターの飛び出しですが、右の図のようにレシーバー間の反則も見られます。気をつけましょう。
また、もちろんこちらがサーブを打つときもこの位置関係でないといけません(サーバー以外)ので、特に横の位置関係に気をつけましょう。