こんにちは。

サーブカットの隊形についてはいろいろと書きました。

しかし、ラリー中の守備についても考えなければいけません。

そこで今回は、スパイクレシーブの隊形の種類を紹介します。

基本的に3枚ブロック時(前衛の選手全員がブロックする)の分類になります。

3-1-2

動く選手が少ないということで最初に紹介しておきます。

前衛のブロックに飛ばない選手が後ろに下がり、インナーのスパイクカットをします。センターからの攻撃時はレフトがコート左前に下がります。

後衛の選手は1人がコート中央で準備し、どこからの攻撃に関してもフェイントカバーに行きます。セッターがここをやることが多いです。残りの2人の後衛の選手は、コート後ろの右側と左側に配置し、ここを守ります。

メリット

後ろの選手の動きが少ないので長いスパイクへの対応がしやすいです。

デメリット

インナーのレシーブが若干遅れます。

相手がレフトから攻撃してきたときはセッターがコート左前でのフェイントカバーになりますので、

セットアップの遅れがでてしまいます。このときだけカットをコート中央(それでもうまくいかない場合は左側)に上げるようにしましょう。

マンアップ

前衛の動きは3-1-2と同じです。

後衛はセンターが中央後ろ、両サイドはサイドの中程やや後ろに準備し、攻撃してくる側の選手が前にでて、フェイントカバーをします。

このときにセンターはスライドしてストレートコースのレシーブをします。

速攻に対してはそれぞれの位置から少し前にでてレシーブします。

メリット

セッターがいつでもコート右側で対応できます。

デメリット

きちんと動かないと全然レシーブできません。特にストレート。

マンダウン

前衛は、ブロックに飛ばない選手が横に移動してフェイントカバーをします。

後衛は正面の選手がストレート、遠い選手がインナーのレシーブをします。

速攻にはマンアップと同じ隊形になります。

メリット

マンアップに比べ後衛の動きは若干楽になります。

デメリット

前衛は、ブロックに飛ばない選手がきついです。フェイントに弱い形になるでしょう。

特にセッターが前衛の時につらいです。

そればかりかスパイカーも逆サイドに動くことがあります。

まとめ 結局何がいいの?

3種類紹介しましたが、どれも一長一短です。

それぞれの攻撃に対して動く必要がありますので、しっかりと練習しないといけません。

あまり動けないチームは3-1-2、動けるチームはマンアップといったところでしょうか。

でも中学生女子チームって、ほとんど動けないんだよなぁ~~

次回はそんなチームにぴったりのスパイクカット隊形の紹介です。