ご無沙汰しております。

 

今回はスパイクのことについてちょっと掘り下げようと思います。

 

スパイクの練習で、どんな風に打ってますか?

 

スパイクあるある

練習では常に思いっきり打つ

コースなんかなねらわないから、コート中央奥に落ちる

試合だとブロックされて落ち込んだりネットにかけて怒られたりして、

軟打やフェイントしかできなくなる

 

こんな風になってませんか?

 

それ、練習の仕方から改善しないといけません。

 

一言でいえば、練習から試合を意識して打つべきだということです。

もちろんブロックがつかないときには、思いっきり強く打ってもかまいませんが、試合ではたいていブロックがつきます。

そんなとき、レフト・センターならブロックの右側、ライトならブロックの左側に打つことが基本です。

体の向きを変えれば当然スパイクの方向も変わりますが、それだけでは相手に読まれてしまうので、体の向きよりも右や左に強打できるように練習しましょう。

 

いきなりトスアップされたボールを打っても上達しづらいので、壁打ちが重要です。

 

まずは壁に向かって打って、まっすぐ打てるかチェック。

左にそれてしまう人は、きちんと右肩の上で打てているか、打った後腕を体の右側に振り下ろせているか確かめましょう。

まっすぐ打てるようになったら、次にボールのやや左側を打ってみます。

打った後の腕は斜め右に振り下ろしましょう。

そのまま回して、背中につけるイメージ。

 

このように打つと、体の正面よりも右に打つことができるようになります。

 

逆に、ボールのやや右側を打って、打った後右手を体の左側に降り下ろせば、体の正面よりも左に打つことができます。

 

そんな風にして、レフトからクロスやストレートの角に落とせるように練習しましょう。

 

更に、クロスよりも右、相手の前衛レフトの位置(アタックラインとサイドラインの交点)にも打てるようになると、ブロックにかけずに打てるようになります。

インナーとか超クロスとかいいますね。

 

この様に狙ったところに打つ練習をしていくと、試合で練習通りに打てないなんてことはなくなります。

 

他にも、練習からブロックをつけて打つとか、2段トスを打つ練習などもしましょう。

 

以下に普段の練習を、試合を想定したものにしていくかが重要です。