こんにちは。

今回は、今まであまり触れてこなかったブロックについて書きます。

 

しかし、私自身ブロックあまり得意ではないですし、バンチとかリードとかテディケートとかは、他のブログに譲ります。

あくまでも、初心者チーム~中級くらいのチームの戦術的な考えということで読んでいただきたい。

 

ブロックの役割

そもそもブロックは、何のためにするのでしょうか。

決して相手のスパイクにあててボールを落とすためにするものではありません。

レシーバーを配置しないところに強打が行かないように、スパイクのコースを限定するために行います。

ですから、ストレートに来ると思って勝手にストレートを消してはいけないのです。

そう、ブロックとレシーブの連携が大切なのです。

 

一般的なブロック

スパイクが一番強く打てるコースはどこでしょうか。

クロス?ストレート?

人によって若干違うでしょうが、おそらく真ん中です。

高い選手ほど、コート中央にびしっと打てるはず。

ボールの中央やや右を叩く感じのスパイクですね。

すんごいプレイヤーはネット近くのセンターセミのトスを天井まで届くほど打ち込むことができます。

 

ということを考えて、ブロックはこの中央のコースを消すことをまず考えます。

逆に言うと、だからスパイクはクロスとストレートを狙えと指導するわけです。

レシーブはクロスとストレートに配置し、コートの端から出ろと指導するわけです。

 

ブロックの枚数が変わっても、基本駅に真ん中を消すことは変わりません。

ただし忘れてはいけないのは、強打(びしっと来るスパイク)は消せても、山なりの軟打は消せないということ。

中央に落ちるボールが全て無くなるわけではありませんので、動いて取る練習は必要です。

 

2人・3人で飛ぶブロック

1人でブロックする場合は、横への移動は個人的に素早く移動できるように練習すれば良いです。

2人、3人で跳ぶ場合、間を開けないで跳ぶことが重要です。

間が空くということは、中央に強打が来るということですので。

 

しかし、2人(3人)がくっついて移動することは難しいです。

レベルが高くなってくると、そういった練習も必要になってきますが、中級まででは不要です。

それよりも、タイミングを合わせて跳ぶことや、1人で素早く動く練習に時間を割きましょう。

 

では、初心者チームはどうするべきか。

そもそもブロックはあまりあてにせず、1枚ブロックで戦い続けるということが一番かもしれません。

でもそれじゃ記事書いている意味がありませんので。

こんな感じで跳びます。

後ろは真ん中に強打は来ないということで、2人で守れるわけです。

本来、完成された2-2-2は、中央に並んで待っている2人のブロッカーがくっついたまま横に移動してどこでも2枚でブロックします。

でもそんなことできない(遠い側のブロッカーがついていけない)ので、センターとライトに離れて待っているわけです。

相手のアタッカーの状況で、ライトとセンターで待つとか、センター2人で待つとかしても良いかと思います。

どこに対するブロックを充実させたいのかを考慮して決めましょう。

 

まとめ

以上、初心者~中級チーム向けに、ブロックについて書きました。

ストレートを消すとか、がっつりクロスに跳ぶとか考えず、レシーブとの連携を考えてチーム作りをしましょう。