こんにちは。

久しぶりの今回は、戦術について。
1セッターと2セッターとどちらがいいの?という問題に切れ込んでみたいと思います。全3回の予定です。

2セッターとは?

2セッターとは、コートに入る6人の選手の中に、セッターが2人いるシステムです。書籍やサイトによっては、6-2システムなどということもあります。一般的に2セッターシステムは、2人のセッターを対角に配置し、後衛の方の選手がセッターをやります。前衛のときはスパイクを打つので、常に3枚のアタッカーで攻撃することができます。このページでは、このシステムを「後衛2セッター」とよびます。

前衛2セッター

一般的ではない2セッターシステムとして、前衛2セッターシステムを紹介しておきます。
これは、コートに入る6人の選手の中に、セッターが2人いるところまでは「後衛2セッター」と同じですが、後衛の方の選手ではなく、前衛の方の選手がセッターをやります。

1セッター

ごく普通のチームは、セッターが1人ですね。対角にはたいていライトアタッカーが配置されます。
中高生女子チームでは、ブロックに跳ばないレシーバー(セッターもブロックに跳ばない)を配置して、以前に紹介した2-2-2システムで戦うチームもあります。

グルグル

ついでにもう一つ。私がグルグルと呼んでいる方法です。
前衛の中央の選手がセッターをします。
前衛の左の選手がレフトアタッカー、右の選手がライトアタッカーをします。要するにローテーションの位置のままです。後衛もローテーションの位置のまま守ります。

比較

わかりやすさ

まずはわかりやすさで比べます。
1位 グルグル
2位 前衛2セッター
3位 後衛2セッター
4位 1セッター
あたりまえですが、グルグルが超絶わかりやすい。初心者ばかりのチームはこれでローテーションを覚えると良いです。そして各ポジションの適性を見ましょう。逆に言えばそれだけのためのシステムです。
あとの3つは、サーブカットの位置決めがわかりやすい順です。2セッターの方が3回×2で覚えやすいかと思います。
1セッターは6回のサーブカットの位置がすべて違います。あたりまえのように1セッターのチームが多いですが、初心者にとって覚えることが多いという障害になっていることを理解しないと、いつまでたってもローテーションを理解しない選手が出たり勝てなかったりします。

ボールの繋がりやすさ

次は、ボールの繋がりやすさ。微妙な観点ですが、理由はあります。
1位 前衛2セッター
2位 グルグル
3位 1セッター
4位 後衛2セッター
繋がりやすさ=ミスの少なさと捉えると考えやすいかと思います。初心者にとって大きな障害物のネット。カットボールがネットに近い場合、セッターは前衛なら2で返せるのですが、後衛ならジャンプトスをしないといけません。更に、1セッターはセッターのスパイクカットの位置が変わりますし、後衛2セッターは多くの場合、ラリー中は右に人います。誰が2つ目を触るかの確認が遅れることもあるのです。

アタッカーの多さ

次はアタッカーの多さで比べます。前衛のアタッカーを1人、前衛のセッターを0.5人(2アタックやフェイント)として、平均値を算出します。
1位 3人  後衛2セッター
2位 2.75人 1セッター
3位 2.5人  グルグル・前衛2セッター
あたりまえの結果ですね。

トスの安定度

中級以上のチームではこいつが重要になってきますよね。
1位 1セッター
2位 前衛2セッター
3位 後衛2セッター
4位 グルグル
まぁこいつも考えればすぐにわかることですね。技術に差があるのなら、トスが一番上手な選手に1人でセッターをやらせるのが一番安定するでしょう。
ただ、同じ位トスが上手な選手が2人いて、その2人がレシーブも上手なら前衛2セッターが良いでしょう。
また、同じ位トスが上手な選手が2人いて、その2人がスパイクも上手なら後衛2セッターが良いでしょう。
考え方によっては、上手な選手に下手な選手がトスを上げ、下手な選手に上手な選手がトスを上げるグルグルだって良いかもしれません。誰もセッターやりたくないなんてときもお勧めします。

結局何が良いの?

結論は出ません。すみません。
チームの状況によって、最適の方法(みんなが納得する妥協点?)を考えて決めましょう。