こんにちは。

サーブ、好きですか?嫌いですか?

大体、嫌いな人は苦手なんですよね。

ミスすると先生に怒られるとか、味方に迷惑かけるとか。

後衛に下がることが嫌で、ついでにサーブも嫌いということもあるかもしれません。

今回は、サーブが苦手な人のための記事です。

サーブは一人でするプレイ

サーブは、一人でやるプレイです。

バレーボールで唯一といっても良いかと思います。

その分、成功したら100%自分の手柄ですし、失敗したら100%自分のミスです。

そのあたりが好き嫌い・得意不得意の分かれ目になってくると思います。

でも、一人でできるプレイということは、一人で練習できるのです。

サーブができない=(自主練の)練習量が足りない

ととらえられることもありますので、しっかり練習していきましょう。

その他、サーブについては以前にも書いていますので、そちらも参考にしてくださいね。

確実なサーブを心がける

私は、確実に入るサーブを身につけなさいといつも指導しています。

何度も書いていますが、試合では必ずサーブを入れなければならない場面があるからです。

必ず入るサーブとサービスエースを狙うサーブの2種類練習する方法もあります。

この場合は、今どちらの練習をしているのか、しっかり区別しましょう。

適当に打ってはいけません。

しかし、私のお勧めは、とにかく確実に入るサーブを早く完成させること。

確実に入るサーブが打てるようになったら、そのサーブの質を少しずつ良くしていきます。

そうすることで、結果的にサービスエースをねらえる必ず入るサーブが打てるようになるのです。

サーブはトスが命

結構忘れがちなポイントに、サーブのトスがあります。

サーブのトスは、初心者はほとんどの選手が利き手でない方の手で上げるでしょう

(ジャンプサーブの場合は利き手で上げる人が多いでしょう)。

そうすると、当然ずれやすくなります。

トスがずれるとフォームが崩れますから、思ったように打てません。

では、どうするか。

利き手で上げると間に合いませんよね。

結果的に力が伝わらずに質の悪いサーブになります。

練習あるのみです。

利き手でない方の手で、トスするだけの練習を多くやってください。

そして、トスしてから打つまでのスムーズな動きの練習も。

足や重心の移動の練習も必要です。

安定したトスを上げられるようになれば、自ずとサーブが安定してきます。

トスの練習だけなら、自分の部屋でもできますよね。

おまじないも効果あり!?

ルーティーンって、知ってますか?

集中するために行う一連の動作のことです。

有名どころとしては、ラグビーの五郎丸選手の蹴る前の動きや、イチローの打席での動き。

自分なりのおまじないの動作を決めましょう。

サーブは審判の笛が鳴ってから8秒後までに打てば良いので、

ボールを両手でつくとか、回すとか、肩を回すとか、考えましょう。

で、サーブ練習の前に必ずやってから打つ。

だから、あまり長い動作ではない方が良いですよ。

まとめ

今回はサーブについての考え方を書きました。

最後のルーティーンは、何気に大切です。

スポーツはメンタル(精神力)が大事ですから。

しっかりと練習しただけ上達しますので、焦らずじっくりやっていきましょう。